施工事例
お客様の声

これまでに行った施工事例とお客様の声の一部をここではご紹介しています。

R2.4月 横浜市港北区 エコキュート移設工事

2020-04-30

DATA

設備
エコキュート
メーカー
三菱

エコキュート移設工事




 

 

 

今回はエコキュートの移設工事をご紹介します。

 

リフォームで外壁のやり直しを行う際、既存のエコキュート が邪魔になる為、一度撤去して、
外壁工事完了後戻すと言う工事の依頼でした。

現地調査の際に、外壁工事の邪魔にならず、かつ、お庭が広くなる提案をさせていただき、
外壁側ではない位置に移設工事をすることになりました。
移設工事が2回から1回になったので、工事費も抑えてご対応する事ができました。

 

こちらが既存のエコキュートになります。

作業前 エコキュート
 

上記の写真の右側にエコキュートを移設します。

そのために上記写真の右側にあるエコキュートの基礎工事を、現地調査に伺った際に行いました。

※基礎 : セメント1/砂2/砂利4の比率で生コンクリートを作り、型枠に入れて作った高さ150㎜以上ある基礎を指すします。エコキュート工事では原則この基礎の上ににタンクを置きます。基礎新設時は乾くまで2~4日かかります。

 

 

 

 

既存のエコキュートから給排水配管を取外しします。

作業中 配管取外し 穴掘り
 

 

 

基礎を新設することになったので、配管もすべて地中で埋設して綺麗に収めていきます。

作業中 穴掘り  作業中 配管埋設
 

 

 

既存のエコキュートのタンクユニットヒートポンプユニットを移設します。

※タンクユニット : ヒートポンプで沸かしたお湯をためておくタンクで室内外兼用です。形としては、角型、薄型、コンパクトタイプに分かれています。

※ヒートポンプユニット : コンプレッサーで空気を圧縮、高圧にする熱交換で効率よく湯を沸かすヒートポンプ方式の機械のことをいいます。

 

エコキュート本体に、給排水配管と電気配線を接続し、タンクユニットの排水を新設します。

作業中 穴あけ 排水塩ビ管
 

 

 

これでエコキュートの移設工事は完了しました。

作業後 エコキュート
 

 

 

既存のエコキュートがあった場所がこちらです。

作業後 既存のエコキュートがあった場所
 

 

 

当社では今回の工事のように、お客様のご希望を伺い、一番良い方法を探しご提案させていただいております。

もちろん、お客様のご希望通りの工事も可能です!!!

すこしでもご相談があればなんなりとおっしゃってくださいませ!大歓迎です!