施工事例
お客様の声

これまでに行った施工事例とお客様の声の一部をここではご紹介しています。

R2.10月 横浜市青葉区 エコキュート交換工事【三菱製 SRT-W375セット】

2020-10-25

DATA

設備
エコキュート
メーカー
三菱

電気温水器からエコキュートへの交換工事




 

 

 

使用機種
  • 三菱製 ヒートポンプユニット SRT-SU455-AW
  • 三菱製 タンクユニット SRT-WT375
  • 三菱製 リモコンセット RMCB-D5SE
  • 三菱製 脚部カバー:GT-L460A
 

 

 

 

今回はエコキュートの工事です!!

 

 

既存の電気温水器を撤去します。

次に、新しくエコキュートを置く基礎を設置しますが、今回のお客様のご自宅ではエコベースを使用しての工事をします。

 

※基礎 : セメント1/砂2/砂利4の比率で生コンクリートを作り、型枠に入れて作った高さ150㎜以上ある基礎のことを言います。エコキュート工事では原則はこの基礎の上にタンクユニットを置きます。基礎新設時は乾くまで2~4日かかるので2日間工事日をいただきます。

※エコベース : タンクユニットを置く基礎がない、又は時間がない場合に専用のスライドブロックを使用します。

 

エコベース2  エコベース1
エコベース4  エコベース3
 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコベースを設置したら、給排水配管の切回しをます。

※切回し : 排水や給水もしくは給湯管を器具に接続する為に、既存の管路のいづれかの場所から様々な部材を様々な判断の元、分岐もしくは延長する工事のことを言います。

 

 

 

 

次は、給排水配管に、断熱材化粧テープでしっかり巻いていきます。
※断熱材 : 給水、給湯、循環など、ほとんどすべての露出部分に使用します。断熱による『凍結防止、温度の低下防止、劣化防止』のためです。
※化粧テープ : エアコンなどでも使います。断熱材はそのままだと耐候性が極めて低いため、上から化粧の意味も含め巻きます。

 

 

 

そして、エコキュートのタンクユニットヒートポンプユニットに配管を接続します。
※タンクユニット : ヒートポンプで沸かしたお湯をためておくタンクで室内外兼用です。形としては、角型、薄型、コンパクトタイプに分かれています。
※ヒートポンプユニット : コンプレッサーで空気を圧縮、高圧にする熱交換で効率よく湯を沸かすヒートポンプ方式の機械のことを言います。

配管接続
 

 

 

 

 

室内のリモコンも交換して、エコキュートのタンクユニットの脚部カバーを設置します。

※脚部カバー : タンクの足元下部の配管接続部をカバーする部材。希望がない場合は基本的に設置します。

 

 

≪作業前≫

台所リモコン                 浴室リモコン

作業前 台所リモコン  作業前 浴室リモコン
 

≪作業後≫

台所リモコン                  浴室リモコン

作業後 台所リモコン           作業後 浴室リモコン
 

 

 

 

 
そしてエコキュートの試運転を確認し問題なく稼働したので、工事はこれで完了です。

作業後 本体2
 

 

 
当社では、その他さまざまなエコキュートの工事を行っております。
現場にお伺いしてからわかる状況等、臨機応変に対応できるよう心がけております。
まずはお気軽にご相談くださいませ。