施工事例
お客様の声

これまでに行った施工事例とお客様の声の一部をここではご紹介しています。

R2.10月 川崎市高津区 空調換気設備新規設置工事【三菱製 V-08PHAD7】

2020-11-11

DATA

設備
換気扇工事
メーカー
三菱

湿度センサー付きパイプ用ファン(排気用)換気扇新規設置工事




 

 

 

使用機種
  • 三菱製 パイプ用ファン排気用(湿度センサー付) V-08PHSD7
 

 

 

今回は、湿度センサー付きパイプ用ファン(排気用)換気扇新規設置工事のご紹介をします。

設置に至る経緯としては、通風設備とダクトの両方が無い、マンションの1室がカビ臭く、実際に壁紙がカビてくるという症状が発生してしまったとのことで、今回の工事に至りました。

 

 

 

では、早速工事の様子をご紹介します。

 

 

今回のマンションには換気設備用の穴が外壁面に開いていない為、簡易レントゲン機材を使用し、湿式の大型ダイヤモンドコア(※径100Φのダイヤモンドコア抜き)工事を用いて吸気用、
排気用共に穴あけを行いました。

パイプファン作業中1  パイプファン作業中2  排気グリル作業中1
 

 

 

 

 

 

壁面の穴あけ工事が完了したら、三菱製の湿度センサー式のパイプファン(V-08PHSD7)を部屋の上部に設置します。

パイプファン作業中6  パイプファン作業中5
 

 

 

 

湿度コントロール付きのパイプファンの換気扇は、湿度30〜60%の範囲で設定ができ、
設定している湿度以上になると自動で換気扇が動き出す為、室内が異常湿度になることが大幅に軽減されます。

パイプファン作業中7  パイプファン作業後
 

 

 

 

次に、湿度コントロール付きパイプファン換気扇の対角線上の床付近に、吸気用室内グリルを設置します。

排気グリル作業中4  排気グリル作業中2
排気グリル作業中5  排気グリル作業中6
 

 

 

 

パイプファン換気扇のみの設置を行うと、吸気するところがなく著しく風量性能を損なう為
、吸気用室内グリルを適正な場所に設置する必要があります。

吸気用室内グリルを設置しない場合に比べ、倍以上の排気性能を確保出来るので今回も設置しました。

 

 

 

これで、今回の湿度センサー付きパイプ用ファン(排気用)換気扇新規設置工事は完了です!!