施工事例
お客様の声

これまでに行った施工事例とお客様の声の一部をここではご紹介しています。

〈No.8679〉東京都大田区 エアコンの先行配管したドレン配管の交換工事・ルームエアコンの交換工事

2021-11-17

DATA

設備
その他電気工事
メーカー
三菱

〈No.8679〉2021年9月施工

ルームエアコンの先行配管したドレン配管の交換工事

ルームエアコンの交換工事




 

 

使用機種
  • 三菱製 ルームエアコン MSZ-GV2220
 

 

 

今回は先行配管※隠蔽配管で埋設したドレン配管の交換工事をご紹介します。

 

建築時やリノベーション時に埋設された冷媒管や、ケーブル・ドレン配管が、様々な理由でエアコン設置時に使用できない場合があります。

 

よくある事例では
  • ・ケーブル(電線)が細い為、現行の機種では使用出来ない
  • ・既存のエアコンを撤去した業者さんがケーブル切りやすい所でカットしてしまい、新しく買ったエアコンを付ける為に配線を引き直さなくてはならない。
    ※圧着はメーカー規定で禁止になっています
  • ・ドレン配管が詰まってたり、不適切な施工されている
  • ・ドレン配管の高さが合わない
  • ・冷媒管か壁の中で潰れたり折れたりしてしまっている
これらがよくあるケースです。

 

今回は取付機種の高さに合わせて、全体的にドレンを下げる必要があった為、ドレン管をドレンホースから塩ビ管と断熱ドレンに交換しました。

 

では工事の様子をご紹介いたします。

 

 

 

 

まずは下記のお部屋の配管が通っている、押入れの内部の壁に開口部を設けてPSも開口し工事をしていきます。

作業前 隠蔽配管 押入れ  作業前 隠蔽配管部分
 

 

 

 

 

寸法を決めて壁面を開口します。

隠蔽配管 壁開口
 

 

 

 

 

 

 

 

開口すると既存の配管が出てきます。

既存のドレン管をドレンホースから塩ビ管と断熱ドレンへ交換します

隠蔽配管 入替3 隠蔽配管 入替2
隠蔽配管 入替5 隠蔽配管 入替4  隠蔽配管 入替
 

 

 

 

 

 

隠蔽されているルームエアコンの配管作業も同時にしルームエアコンを設置しました。

作業前 室内機設置箇所 室内機 配管2  室内機 配管
 

作業前 室外機設置個所  外配管部分
 

 

 

 

 

 

先行配管されていたドレン管の交換が終わったら、開口した部分を元通りに戻していきます。

今回はクロス工事をクロス工事会社へ依頼しているため、弊社ではクロス工事会社さんがクロスを張り替えるだけで済むよう、パテで下地をしっかりと打ち整えるところまで施工しました。

 

 

パテを伸ばして開口部へ打っていきます。

下地パテ
 

 

押入れ内部開口部分 下地パテ打ち後3  壁開口部分 下地パテ打ち後  押入れ内部開口部分 下地パテ打ち後2
 

 

 

この状態で弊社の今回の工事が完了になります。

 

 

 

弊社でも、今回のようにケーブルが細く工事ができない・新しく買ったエアコンを付ける為に配線を引き直さなくてはならないと言われてしまい困っているなどご連絡いただくことございます。

 

 

メーカー規定があるのでお客様のご自宅の状況によって工事可否や、工事内容が変わりますのでお困りの場合はまずはご相談くださいませ。